アミノレスキューの洗浄力と使用した口コミ

アミノレスキュー洗浄力
アミノレスキュー 仕上がり
アミノレスキュー洗浄力 アミノレスキュー 仕上がり

メーカー アクアノア


¥ 1,595

洗浄力

頭皮タイプ

66.3 %

やや乾燥肌~
普通肌向け

楽天で最安値を調べる

Amazonで最安値を調べる

容量 洗浄力 シリコン有無 ph
400ml やや弱い ノンシリコン 7.4

アミノレスキュー 洗浄力

アミノレスキュー洗浄力

 

洗浄力・・・やや弱い

両性のベタインがベース。

それ以外の洗浄剤も基本はアミノ酸系ですので、
洗浄力がはね上がるような要素はなく、やや控えめな洗浄力。
(アミノ酸シャンプーと言われると怪しいんですが)

さっぱり感もそれなりにあり、
頭皮がつっぱるような事もないので、そこは良いんですけどね。
アミノ酸っぽくはないですが普通。

やや乾燥しやすい方、普通肌向けです。
しっかり、さっぱり洗いたいならちょっと不向き。

 

アミノレスキュー 泡立ちの良さ

※水温38℃、1%水溶液にてミルサー法で測定。

 

泡立ち 1.5

泡の高さ8.0㎝。
かなり弱めの泡立ちなので、物足りなく感じやすいと思います。

 

アミノレスキュー 指通り試験

※シャンプー後、乾燥させ専用機器で30回計測。

アミノレスキュー 指通り

 

サラサラ度 2.5

30回平均‐0.2703N。

悪めです。
酷すぎる訳じゃないんですが、口コミ評価が低めなのは主にここかなと。

「アミノ酸シャンプー」らしくない仕上がりなので、ダメージヘア・ロングヘアにはあんまり…。
(厳密にはアミノ酸系じゃないんですけど)

 

アミノレスキュー 使用した口コミ

フローラル系の香り。

やや安っぽいというか、人工的な香料っぽさがある香りなので評価割れそうな香りですが、
口コミみると好きな人の方が多いみたいです。

私はあんま好きじゃないんですが(笑)

既に触れましたが、泡立ちは貧弱です。
この写真撮る時も泡立てるのに少し苦労しました。

実際の使用感なんですが、
濡れてる時と乾燥後の質感に差がありすぎです。

流すまではしっとりしていて期待させてくれるんですが、
乾かすとその期待を裏切ってきます。とにかく乾燥後の手触りが悪い。

この辺のすすぎ時のヌルつきの強さ・乾かした後の乾燥感は
どうもカチオン化セルロースの量が多いんでないかなと。
それ以外の要素は特に見当たらないので。

乾燥後のパサつきやすさが痛いです。

 

アミノレスキュー 使用前後の仕上がり

アミノレスキュー 仕上がり

 

仕上がり・・・しっとり感・サラサラ感共に悪め

今回Amazonで買ったんですが、やたらと評価低いんですよねこれ。
確認時でレビュー件数20、☆2.9と低調です。
「パサつく」という口コミが多くて下がってるんですが、合点が行きました。

 

確かに指通り悪めです。

 

滑りが弱いというか、サラサラしない上にしっとり感が弱いんで
まとまらないしパサつくし指通り悪いしと、ちょっと厳しい。

この写真は人毛ウィッグへの使用前後(ややダメージヘア)なんですが
確かにパサつきはそのまんま出てます。

パサつきがちだったり、ダメージヘアだと相当キツい仕上がりになると思います。

 

アミノレスキュー まとめ

おすすめ度 2.5

 

    まとめ

  • やや乾燥~普通肌向け
  • パサつきやすく、指通り悪め
  • 仕上がり・使用感共にアミノ酸系のイメージとズレがち
  • アミノ酸系らしいのは泡立ちが弱いトコぐらい

 

アミノ酸愛が足りない

商品のネーミングと言い、宣伝の仕方と言い、アミノ酸推しかと思いきや
一番配合量が多いのは両性のベタインという…。いいのかオイ。
確かに種類自体は多いんですが。

 

メインが両性のベタインで、次に増粘のラウラミドDEA、
厳密にはアミノ酸系じゃないタウリンと続いて
ようやくアミノ酸系が来ますがが、価格の安いザルコシンと。

 

もうこれ名前変えた方がよいのでは。

 

このシャンプーが「アミノ酸もっと入れてくれ」とレスキュー要請してるなら合ってますけど。

 

実際、アミノ酸系と言われるとイメージするのは
「さっぱり感は弱いけどしっとり」というイメージだと思うんですが
そういうアミノ酸系らしさは見事に薄いです。

そもそもアミノ酸系シャンプーとは言えないですし。

 

グルタミン酸TEA等の「しっとりさせる力の強い洗浄剤」が薄く、
油分も少ないのでしっとり要素は弱いです。
逆にアミノ酸系の弱点である、洗った感はある程度出ます。
いよいよネーミング詐欺になってきましたよ(笑)

 

ここまで評価低くなる程ではないんですが、
「アミノレスキュー」から来るイメージと違う仕上がりなのが一番痛いのかなと。

私もシャンプーの知識0でこれを使ったら、期待したほどじゃねぇな…となってると思います。
しっとり系に振った処方じゃないので仕方ないんですけど。

 

髪にヘアオイルなり、洗い流さないトリートメントなり、
ヘアケアアイテムに拘る人なら丁度良くなるかなとも思うんですが。
ちなみに合わせるならヘアオイルの方が向いてます。(蓄積の懸念から)

頭皮に対しては比較的優しく洗えるんですが、
髪への作用が弱い印象です。コンディショニング性とダメージケア要素が薄い。
特に傷んでいたり、剛毛や硬い髪質だと合いにくいはず。

 

悪いシャンプーでは無いんですけどね。
頭皮・髪共に問題なければ普通に使えると思います。

とは言え、仕上がりのパサつきやすさが致命的で、特別感はありません。
同メーカーでもソイアミの方がおすすめ。

 




おすすめの記事