いち髪の洗浄力と使用した口コミ

いち髪 洗浄力
いち髪 仕上がり
いち髪 洗浄力 いち髪 仕上がり

メーカー クラシエ


¥ 363

洗浄力

頭皮タイプ

69.8 %

・やや乾燥肌
・普通肌向け

楽天で最安値を調べる

Amazonで最安値を調べる

容量 洗浄力 シリコン有無 ph
480ml やや弱い ノンシリコン 6.1

いち髪 洗浄力

いち髪 洗浄力

洗浄力・・・やや弱い

表記はやや弱いとしていますが(数値で分けてるので)
ほぼ平均、中程度の洗浄力。

市販系の中ではマイルドな洗浄力なので、
強めの物から移行すると慣れるまで時間がかかるかもしれません。
(他の市販系は数値90オーバーが多いです)

多少オイリー肌でも使えますが、
基本的にはやや乾燥~普通肌までがおすすめ。

 

いち髪 泡立ちの良さ

※水温38℃、1%水溶液にてミルサー法で測定。

 

泡立ち 3.0

泡の高さ9.8㎝。
悪くはありませんが、市販系の中では泡立ちは控えめ。

 

いち髪 指通り試験

※シャンプー後、乾燥させ専用機器で30回計測。

いち髪 指通り

 

サラサラ度 4.0

30回平均‐0.190N。

ノンシリコンではトップクラスの数値。
かなりサラっと仕上がります。

やや重めでボリュームが落ちるので、
変に髪がはねず・落ち着いた仕上がりでサラサラ、という感じですね。

 

いち髪 使用した口コミ

ちょっと変わった甘めのフローラル系。
(あんず+桜)
ちなみに香りがかなり強めです。

これ使った後、地下鉄乗ってたらわかる人わかるだろうな…とか心配してました。
そのぐらいしっかり香りが残ります。
あと、浴室がいち髪の匂いに占領されます。

この甘さ+香りの強さで評価が割れてます。
ここばかりは好みですが、強い甘めのフローラル系が苦手なら無理かも。

泡質は重く、使用感も地肌がキュキュッとするようなタイプではなく、
しっとりとした洗い心地。

で、肝心のキシみ。

これは髪のダメージにかなり左右されると思います。
私はカラーもパーマもしてない髪なので、特にキシまず洗えるんですが。

 

上で出した使用前後の人毛ウィッグ(ダメージヘア)を洗っていた時、
すすぎ時にとにかくキシむわ絡むわで苦戦しました。
丁重に扱わないと毛が切れそうなくらい。

 

元々補修力には乏しいですし、強いダメージヘアのキシみを抑える程のパワーは無いので、
健康毛~ちょっとしたダメージまでの方が気持ちよく使えるかなと。

洗い心地はしっとりして、香りが髪にしっかり残るタイプ。
という感じです。

 

乾かした後の仕上がり

いち髪 仕上がり

 

仕上がり・・・・やや重めのボリュームダウンタイプ

 

保湿感は強くないのでパサつきを抑えるような
「しっとり」ではなく「落ち着く」と言う方がしっくりきます。

良い言い方をするなら、髪の広がりを抑える効果が高い。
悪い言い方をするなら、ペタッとしやすいタイプです。

私は髪型をアップバングにする時があるんですが、これ使った後は無理でした(笑)
ぺたーん。

髪に動きを出したいとか、ふんわりさせたいなら向きません。
広がりやすい髪を落ち着かせたい、まとまり良くしたい人向け。

 

いち髪 シャンプーまとめ

おすすめ度 3.8

 

    まとめ

  • ボリュームを落としたい、剛毛や硬毛の人向け
  • 乾燥後も香りが髪にしっかり残るタイプ
  • 市販の中では控えめな洗浄力
  • ふんわり系の仕上がりを求めるなら×

髪を落ち着かせたい、広がりやすい髪向け

 

買うか悩んでる人は多分

 

「市販では成分が良い」

 

という情報を聞いて、調べてる可能性が高いんじゃないかなと。

いち髪が良いというより「ラウレス硫酸Naが必要以上に叩かれすぎ」で済むんですが、
ラウレス硫酸系が合わないという人は確かにいらっしゃいます。
(刺激より洗浄力による乾燥による影響が大半と思いますが)

実際に

 

他の市販系はダメだけど、いち髪は使える。
他の市販系は大丈夫だけど、いち髪だけは合わない。

 

という方はいます。
いち髪が合わないのは、メインで使われてるサルコシンが怪しいかなと。
割とサルコシンは合わない人がいるので。
(何度か相談された事あるので実体験)

極まれですがアミノ酸系がダメって人もいますし…。
で、こんなん言われると「結局何がいいの」ってなると思うので、この話を。

 

いち髪はいいのか悪いのか?

 

比較的洗浄力が穏やかなので、他の市販系だと頭皮が乾燥してしまう、という方に向きます。
今市販シャンプーを使っていて、問題なく使えてるのに

 

「ラウレス硫酸はダメ」

 

という情報だけ聞いて乗り換えるなら、気にし過ぎです。

でもラウレス硫酸Naはやっぱり抵抗ある、と言う場合はそれでもOKです。

個人的にラウレス硫酸は叩かれすぎとは思ってますが、特別推す訳でもないので。
合う人には合うので、鵜呑みにして入ってるだけで避けるのは勿体ないというスタンスです。

いち髪の良い所というか、優れている所は

 

「他の市販シャンプーと大きく異なる使用感と仕上がり」

 

という部分なので、
他の市販系で満足していなければ試す価値は大いにあります。

なぜなら他の市販と処方が違うから(笑)
洗浄力が控えめな所もですね。

普通に洗える割にパサつきにくく、ボリュームが落ち着く。
これが特徴ですかね。何より安い。

細毛・軟毛・毛量が少ない場合、ペタっとしやすさがモロに出てしまうと思うので
毛量が多い・広がる髪・ボリュームを落ち着かせたい方向けです。

 




おすすめの記事