アンドアンド(andand)シャンプーの洗浄力と使用した口コミ

アンドアンド シャンプー
アンドアンド 洗浄力
andand 仕上がり
アンドアンド シャンプー アンドアンド 洗浄力 andand 仕上がり

メーカー 花王


¥ 1,511

洗浄力

頭皮タイプ

95.2 %

オイリー肌~
超オイリー肌向け

楽天で最安値を調べる

Amazonで最安値を調べる

容量 洗浄力 シリコン有無 ph
480ml 非常に強い ノンシリコン 4.0

アンドアンド 洗浄力

アンドアンド 洗浄力

 

洗浄力・・・非常に強い

さっぱり・すっきり系です。

洗浄力に関しては構成がほぼ同じなので、
いつもの花王さんの他のシャンプーと変わりません。
至って普通のラウレス硫酸系です。

さっぱりと汚れをオフ出来るシャンプーの部類なので
感覚としてはクレンジング系、皮脂の多いオイリー肌向け。

必要な人は必要ですし、
クレンジング系は一本あると便利ですし、
皮脂の多い方には向きますが…

どう考えても値段高くない?

 

アンドアンド 泡立ちの良さ

※水温38℃、1%水溶液にてミルサー法で測定。

 

泡立ち 3.5

泡の高さ10.8㎝。
最高クラスに比べるとやや劣りますが、平均以上の泡立ち。

 

アンドアンド 指通り試験

※シャンプー後、乾燥させ専用機器で30回計測。

メリットピュアン 指通り

 

サラサラ度 1.0

30回平均‐0.416N。

この試験の数値はブレやすいので
(誤差を減らすために30回計ってはいますが)
クシ通りが「良いか悪いか」の1つの指針程度です。

とは言ってもこれは明らかに悪いです。

とにかくスっとクシが通りません。
髪がパサついていたり、サラっと仕上げたいならまず無理です。

 

アンドアンド 使用した口コミ

最大の売りである「香り」。
3種類ありますが、今回買ったのはエアリーピーチ。

これが予想以上に人工的と言うか、偽物のピーチですよ感が半端じゃありません。
フローラルフルーティという感じですかね?

香り自体強くは無いですし、チープ「すぎる」訳でも無いので
充分に使える香りですが、これだけで売れるような良い香りかは疑問。

適当に「ピーチの香り」のシャンプー買ったら出会えそうな匂い。
メリットピュアンの匂いがピーチ版みたいな印象です。

泡切れも良いし、さっぱり洗えてスパッと流せますがキシみます。

平均と比べてしまうとかなりキシむ部類に入ります。
全体的にさっぱり系で、全体的に粗いと言うか安っぽい、
いわゆる普通のさっぱり系シャンプーですね。

「実は中身メリットです」って言われたらまず気付けません。色々似てます。
どう考えても値段高いよね。

 

アンドアンド 使用前後の仕上がり

andand 仕上がり

 

仕上がり・・・軽めの仕上がりでパサつきやすい

軽めふんわり系…というか広がります。

滑らかさやしっとり感が弱く、
パサつきを感じる広がりやすいタイプで、髪がうねるので落ち着きません。

総合して平均よりは悪めなので、使用感重視だと厳しめ。
仕上がりが重くなく、さっぱり感が強いので髪がベタ付きやすい方向けになります。

やっぱり値段高くない?

 

アンドアンド まとめ

おすすめ度 2.0

 

    まとめ

  • しっかり洗いたい、オイリー肌向け
  • 仕上がりはかなり悪め。べた付きやすい、脂っぽい髪ならアリ
  • ウリである香りは人工的な香料系
  • 価格設定が明らかにおかしい

 

いつもの花王さんシャンプー

Loftで見かけて、花王さんの処方丸出しだなと思ったら
思い切り花王さんが出してるシャンプーでした。意外。

花王さんがこのレベルの高価格帯出すのは初ですかね?
480mlで約1500円なので1ml辺り3円以上です。

 

さて、このシャンプーは
「香りを自分好みに組み合わせられる」
というのが特徴ですね。

で、実際の中身はどうなのかって話をすると
見事に花王さんの過去の処方の流用です。というか

 

ほとんどメリットピュアンです。

 

既に調査済みのピュアン・アクティブスマイルと比較して、
共通してる成分を弾いてみます。

and and メリットピュアン
1ml辺りの価格 約3.15円 約1.56円
独自成分 コハク酸
エーデルワイスエキス
ローズマリー葉エキス
リンゴ果実エキス
グリセリン
リンゴ酸
レモン果実エキス
キウイエキス
キイチゴエキス
グリチルリチン酸2K
コカミドMEA
リン酸
ベンジルアルコール

残ったのがそれぞれ独自です。
勿論、配合量にはある程度の差はあるんですが、
明らかに価格設定がおかしい。

 

こんなに高くなる訳無いんですよ。
ほぼエキス違いと言って差し支えありません。

大きな差としてはアンドアンドはラウラミドプロピルベタインが増え、
ラウリルヒドロキシスルタインが減っています。
でもこの2つは類似成分ですし。

スルタインの方がさっぱり仕上がるかな…くらい。

 

まぁ、花王さんってベースの処方はほとんど変えてこないんで、
高価格帯のを出すとしたら、どう変えてくるのかなと思ってたら
まさかのほぼ変えてこないという強硬手段に出ました。

流石にビビるわ。

 

花王さん的にはこれ売れたらホックホクだと思います。
ちなみにandandは3ラインありますが、成分構成は全く一緒です。

成分同じで、香りだけ変えればOKというなんとも作る側に優しい処方。
容器と香りだけ変えりゃいいだろって辺りもまた
メリットピュアンと類似部分でもあります。

 

香りは大事なのは重々承知ですし、香りが嫌いなシャンプーを
継続して使うのはツラいのでコンセプトは良いと思うんです。

 

でも香りだけで2倍の価値が出るかっていうとNoでしょうに。
一言で言えば普通のシャンプーなんですよ。ひたすら価格設定が強気すぎる。

 

花王さんはどうしちまったんだ。

 

ちょっとこれは売れないことを祈りたい。
宣伝頑張ってる様子なので売れそうなのがツライとこですが。
販売してすぐでAmazonの口コミ121件ですよ。
まぁそのうち120件がモニターの口コミでしたけど。

 

処方も目を見張るような物もなく、
花王さんのいつもの処方の流用で。
肝心の香りも人工的で。
使用感も微妙と。

 

香りの組み合わせが出来るコンセプトは良いものの。
ただただ、価格設定がおかしいよねというシャンプーでした。

流石にこの値段を出すにはもったいないかなと思います。
ピュアンで大丈夫なので。

 




おすすめの記事