ダヴ・モイスチャーケアシャンプーの洗浄力と使用した口コミ

ダヴ モイスチャーケア
ダヴ 洗浄力
ダヴ 仕上がり
ダヴ モイスチャーケア ダヴ 洗浄力 ダヴ 仕上がり

メーカー ユニリーバ


¥ 531

洗浄力

頭皮タイプ

96.6 %

超オイリー肌向け

楽天で最安値を調べる

Amazonで最安値を調べる

容量 洗浄力 シリコン有無 ph
500ml 非常に強い シリコンあり 4.9

ダヴ モイスチャーケアシャンプー洗浄力

ダヴ 洗浄力

 

洗浄力・・・非常に強い

典型的なラウレス硫酸系なので特に言う事はありません。
洗浄力は高いので皮脂の多い方向けです。

ただ、ラウレス硫酸は言われてるほど高刺激な訳ではないので、
普通というだけで、特別安全性が低いという訳でも…いや低いか。

刺激については前作から改良されてるんですが(防腐剤の変更)
平均的な市販シャンプーよりは劣ります。

この辺は流石ユニリーバ。
絶対に素直に褒めさせてくれません。

全く使えない訳ではないですが、洗浄力が高く安全性も平均より劣るタイプ。
敏感肌や乾燥しやすい方はオススメしません。

 

ダヴモイスチャーケア 泡立ちの良さ

※水温38℃、1%水溶液にてミルサー法で測定。

 

泡立ち 5.0

泡の高さ13.0㎝。
泡立ちの良さは最高クラス。

 

ダヴ 指通り試験

※シャンプー後、乾燥させ専用機器で30回計測。

ダヴ 指通り

 

サラサラ度 4.0

30回平均‐0.190N。

シリコン系の中ではやや低めです。
ノンシリコン系よりはサラッと仕上がるけど、物凄くサラッサラ、という訳でもないです。

適度なサラサラ感のあるシャンプー。

 

ダヴ モイスチャーケアを使用した口コミ

香りはフローラル4・フルーティ6くらいの、
フルーティっぽさがやや勝る匂いです。

嫌味が無くクセもない香りなので口コミでも好評です。
私も好きです。香りはね。

実際の使用感については、泡立ちと香りは問題ないんですが

 

すすぎ時の指通りに難ありです。

 

高分子系がグアガムしかないんですよね。

グアガムはセルロースより柔らかく仕上がりますが、きしみ改善効果は劣る印象があります。
海外ではグアガムの方が軽く仕上がるため好まれやすいので、この辺り外資っぽい処方。
しっとり感が弱いのもこの辺が影響してそうです。

また、前作からシリコンオイルの配合量を下げてるんですが、
この変更が大失敗だったんじゃないかなと。

 

やたらとひっかかるので、明らかに滑りの良さが足りません。
前作こんなんじゃなかった気がするんですよねぇ。

すすぎでこのキシみは嫌われるぞー(笑)
まぁ案の定

口コミ50件、☆3.2と低調です。

乾かした後のサラサラ感は比較的あるんですが、
すすぎの時のキシみやすさは好まれにくいと思います。

 

乾かした後の仕上がり

ダヴ 仕上がり

 

仕上がり・・・しっとり感の弱いサラサラ系

サラサラにはなるんですが、コーティング感が強いです。
久々だなこの感覚…シリコン系皮膜でたまにこのタイプは当たるんですが、
妙なコート感があるというか。髪がなんかに覆われてる感じ。

 

前作のダヴより、ジメチコノール(シリコン油)の量を減らしてきてるんですが、
皮膜感はあります。
確かにサラサラにはなるんですが、しっとりもしないのではねやすく、
とにかく髪が落ち着きません。

向いてる人…サラサラ感が好きな方と言っても、処方も良くないしなぁ。
モイスチャー的なしっとり感?

ないですね。

むしろ仕上がりは軽いです。

 

ダヴ モイスチャーケアシャンプーまとめ

おすすめ度 1.5

 

    まとめ

  • 洗浄力が高く、皮脂の多い方向け
  • しっとり感が弱く、サラサラ感が強い
  • すすぎ中のキシみ強め
  • 安全性に難あり

 

安くてサラサラ感の強いシャンプーが好きなら…あり?

 

基本は普通のシャンプー。

そこに明らかに問題のある成分が1つ入っている感じです。
ドデシルベンゼンスルホン酸TEAというんですが、これは流石に賛同しかねます。

評判の悪いラウレス硫酸Naより、
さらに評判の悪いラウリル硫酸Naより、
さらに刺激の強い洗浄剤です。

 

まずシャンプー用途では使われません。
洗浄剤としての使用ではなく乳化目的、ジメチコノールのエマルジョン化のためだと思いますが。
(どうもブレンド品使ってない様子なので)

とは言っても入っていて嬉しい成分ではないです。
この問題に加えて、すすぎ時も明らかに絡まりやすいので、まぁあれですよね。

 

問題の無い市販のシャンプー使えばいいんでない?

 

という結論にしかなりません。

使用感が特別優れてるとか、
仕上がりがとんでもなく良いとか、要素があればまたマシですがそういうのも無く。
特に使用中のキシみ、絡まりはなかなか酷いです。

 

細かい違いはあるんですが、大まかな処方は資生堂のツバキに似ていて
向こうの方が安全性高いのでぶっちゃけツバキで良いです。
(評判も向こうの方がいいですし)

厳密にはダヴがツバキに寄せたというより、ツバキがLUXに寄せて、
LUXと処方が似てるダヴに近いという印象ですが。うん、どうでもいいですね。

 

どんだけユニリーバとP&G嫌いなんだよという話でもありますが、
オススメする理由もないなぁ…というシャンプーです。
外資系の作るシャンプーって日本人に向いてない事多いんですよね…。
これはまだ全然使えますけど。

 

安全性・使用感・仕上がりと、どれをとってもイマイチ。
あと洗浄力が強いので乾燥肌の人は向きません。

 

ヤバい防腐剤だけは変更してきたので、少しは考えてくれたのかなと思いきや
コンディショナーには相変わらず入ってるし。
しかも防腐剤でコストが上がったせいか、添加成分の質が下がってるという。

 

使用中のキシみ然り、仕上がりのボサボサ感然り、サラサラ感だけが特徴なので
安くてサラサラ重視であればアリ…かなぁ?(笑)

コストを抑えたい場合でも、
他の安い市販でもっといい物をおすすめします。

 




おすすめの記事